2007年 02月 27日

緊急事態(前編)

写真と文章は全く関係なし。
f0113518_2004492.jpg




それは、今朝出社した時から始まった。
私の所属する部署は10名いるのだが、この10名で共有しているファイルサーバがある。
サーバといっても古くなったPCのHDDを大容量のものに交換して
みんなで共有しているだけである。
なぜこんな事をしているかといえば、会社から与えられている正規のファイルサーバは
わずか500MBしかないのである。
これっぽっちでどうしろと・・・
仕方ないので古いPCを使って勝手にファイルサーバ代わりに使っているのである。

このPCが出社したときに止まっていたのである。
「あれっ」と思い、本体を触ると熱くなっている。
確認すると電源ファンが止まっていて、熱暴走状態でPCが止まったようである。
しばらくおいて本体が冷えてきた頃にスイッチを入れるとファンが回り電源が入ったので
「良かった」と胸を撫で下ろしたのである。

ところが事態はこれでは収まらなかったのである。

午後3時ごろ、自分のPC画面に共有が切断された旨のメッセージが・・・
「えっ」と思いサーバを見ると・・・止まっている。
何か、いや~な予感がする。
案の定、ファンがまた止まっていた。
電源部分が素手では触れないぐらい熱くなっている。
これはやばい。どうやら電源ファンが完全にご臨終のようだ。

一瞬血の気が引く。

いかん、まずい。
私の部署ではローカルのHDDにはデータを保存せず、全てこのファイルサーバへ
データを保存しているのである。
だからこれが止まると、業務に差し支えるのである。
何とか速やかに復旧せねばならないのである。

さて、ど~する!

この続きは明日のお楽しみ。
[PR]

by EVERLAST1910 | 2007-02-27 20:35 | INDUSTAR-61L/Z50mm | Comments(2)
Commented by だらまんだら at 2007-02-28 12:30 x
それは想像するだけで末恐ろしいですね
このあと、どうなったのか…

自分もPCで仕事をしている身ですので
『データが消滅』はこの世でイチバン恐ろしいことですw
Commented by EVERLAST1910 at 2007-02-28 22:15
だらまんだらさん
後編をアップしました。
ご覧下さい。


<< 緊急事態(後編)      AVO >>